上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祐喜さんから頂いたバトンに回答してみました!
恋人のバトンなのに指定がヴィクトール&ヴィクトリア。 双 子 だ (爆笑)
すばらしい指定です!!さすが祐喜さん!そこに痺れる憧れる。ありがとうございます~!
ショウとアニスも選択肢に上げて頂いてたんですが、
実際の夫婦よりより無理が無いってどういうことだろう…

つづきから。
長いですよ。


「こんなとき(with恋人)、オリキャラさんはどうする?な、バトン」



こんなとき(with恋人)、オリキャラさんはどうする?な、バトンです。

わりとベタに行きますよ!
まず、誰かオリキャラ(と、その恋人)を。
(版権がよければ版権でも大丈夫です)


指定→ヴィクトール&ヴィクトリア

流石に血縁関係なので厳しい!って辺りはねじ曲げさせてください。
只単に私の妄想を語るバトンになってしまいました。サーセン。


対談形式でもおっけーです。新境地にするもよし。
薔薇でも百合でもばっちこい!
それではスタート!



*朝、恋人のちゅうで起こされました。

やっててもおかしくないのに絶対やってないんだろうな…。
~以下妄想~
兄の帰宅がすっごい遅かった次の日の朝。都合良く二人揃ってオフ。
いつもは兄の方が起きるの早いのによほど疲れてたんだな…と
朝ごはんの支度も一通り済ませたリアがベッドに様子を見に行く。
眠り込んでいるにも関わらず一切の隙無く麗しい兄(大笑)(笑うところ)
自分とおんっなじ顔なのにああやっぱり兄さんは天使をも凌駕する完璧な美しさだねと
シラフで何のためらいもなく思う妹(爆笑)(笑うところ)
うっかり距離が近くなってしまった所で兄起きる。お約束。
特に驚くでもなく、起こしに来てくれたことに感謝して
「朝起きて一番最初に瞳に写るものが愛する人だなんてこの上なく幸せな事だね」とか言う。

そこいらのカップルとか夫婦より よ ほ ど 甘 い 。


*ごはんを食べているとき、ほっぺたに付いたごはんつぶを恋人が取って食べました。

これ、無さそうなんです!
ごはんを口元につけるっていうことを しなさそうで!!
自キャラに夢見てんじゃねーよ^^ と言われましても本当に隙が無さそうなんですこの2人。
育ちが良いって訳じゃないのに…
自然と「常に完璧な美しさを保つ事」が、身についてしまっていそうです。


*恋人に行ってきますのちゅうを迫られました。

んんー、これは…
以前の朝バトン参考にして考えるとリアの方が先に家を出るんですよね。
玄関前に迎えの車がついて、副隊長アニスを初めとするヴィクトリア親衛隊がずらりと。
見送る兄の方が演出としてリアの手の甲にキスくらいはするか。するのか。これはやってておかしくないか。
黄色い悲鳴が上がりそうだ…。


*恋人のつくってくれたお弁当はどんなですか?


結構外食も多そうなんですが…。
まずランチボックスじゃなくてバックぽいですね。籠のバスケット。
中にはナフキンとか食器とかランチョンマットとかウェットタオルとか一式入ってるの。
で、絶対果物はいくつか入ってる。まるごと。
自分でむいて、もしくは皮むき係が日替わりで居る(笑)
お弁当は三段重ねくらいの…基本この人達よく食べるので大丈夫です。
中身も豪華なんだろうなぁ。でもヘルシー。そして彩り綺麗。
あ、何のためらいもなく当たり前のように話しておりましたが兄の手作りです。


*恋人の「ごはんにする?おふろにする?それともわ・た・し?」に対して。

兄「お帰りリア、今日は遅かったね。お疲れ様。
 夕食はどうする?お風呂も沸いているけれど」
妹「ああ、ありがとう兄さん。
 実は軍の方でお風呂にはもうはいってきたんだ」
兄「なるほど、じゃあシャワーだけでいいね」
妹「そうだね、夕食はシャワーの後に頂くよ」

いつも3~5回は風呂もしくはシャワーに入ってそうな気がする。


*恋人とドラマを見ていると、突然のベッドシーン。

普通に流しながらご飯食べてそう…(夕食時ですか)(いきなり庶民的なんだが 笑)


*おっと、雷が鳴り出しました!

雷のない世界であった!現パロ…?
特に怖がる、ということはなさそうな2人です。
光る物好きだもんね!(そんなカラスみたいに…)


*明日は休日ですが?

休日どうしてるんだろ…
2人で買い物とかしてるのかな。ほほえま…いや、眩しすぎる。
休日でも愛する隊員達に会いに行っちゃいそうな2人ではあります。
…これ、期待されている答えじゃないな!笑
夜寝る前に少しだけ2人の時間が長いかも知れない…。


*見れば、恋人の手にはたくさんの絆創膏が。

兄「リア、どうしたんだい!その手の包帯は…」
妹「ああ心配しないで兄さん!皆ちょっと大げさなんだ。
 包帯なんて巻いているけれどたいした傷ではないんだよ」
兄「たいした傷じゃなくても君の美しい手に痕が残りでもしたら大変じゃないか…」
妹「兄さん…」

別にオチはない。
必要以上に至近距離で心配そうに妹の手を両手で包む兄と
そんな兄を見るのは辛いけど自分の事をこんなに心配してくれるのは嬉しい妹の図を想像しておいてください。


*ホラー映画のCMが流れると…

普通に流しながらご飯食べてそう…(二回目)


*ゴキブリが出ました!

兄「おや、ゴキブリだ」
妹「本当だ。随分と大きいね」
兄「またワイハの所から逃げてきたのかな?騒ぎになる前に捕まえておこうか」
妹「けれど以前捕まえようとしたときは
 兄さんのレーザーウィップのエネルギーを吸収して更に巨大化してしまったからね!」
兄「ああ、そうだったね!まさかあんな事になるなんて思いも寄らなかったよ!」
妹「巨大ゴキブリVS帝国軍ゾディアックの映画化の話まで立ち上がったものね!」

ソルト「ゴキブリ、捕まえないんですかー!?」(2メートル越えゴキブリと戦闘中なう)


*夏、クーラーが壊れました

この世界に夏はなかった…!
しかし空調が壊れたらしんどそうですね。
暑いのも多少平気そうではありますが…タフ。
顔だけ汗かかないから化粧も崩れない。芸能人並み。


*冬、暖房が壊れました

この世界には(以下略)
うーん、地下だと暖かそうな気がしますが…
普段から距離近い2人なので寒かったらぴったりくっつく位はやりそうです。


*おうちの外には焼きいもやさんが!

兄「珍しい。移動屋台が来ているね」
妹「第二階層ではよく見たけれど、こちらではなかなかお目にかからなくなったものね」
兄「久々に買ってみようか。ふふ、この懐かしい香りには勝てる気がしないよ」
妹「一つで良いよ、兄さん」
兄「リア?」
妹「昔みたいに」
兄「ああ!半分こだね」

この2人の過去話には穴が多い。


*今日は夏祭りがあるそうですが?

この世界には夏が…いや、まあいいか。イベントくらいはあるはずだ。
普通に行きそうですが、何だかんだで他のメンバーも居るんだろうな。
二人きりと言うことはなさそうですね。…賑やかな職場だなおい!


*とてつもなく眠いので目をこすっていると、恋人さんが何か言っています。

兄「リア。君は強く気高い女性だけれど たまには僕に甘えてくれて良いんだよ」
ゆっくりまったりしていたソファの上。
眠ってしまったリアの耳元でこっそり。



お疲れさまでした!
それでは、朝、ちゅうで起こしてほしいひとに回してみましょうか。


敬称略にて思いつくまま指名させていただきます!
もしよかったら大いに悩んでみてください…(…)

・クロサワさん宅ファード&ファイザ
・柑那さん宅コクト&カゲリ
・瑠璃さん宅ヘクマス&セレスティ

むっ、意外と一緒に住んでる前提なカップルって難しいですね…上がって来ないな。
我こそはと思う方は是非おもちください!

祐喜さんおもしろいバトンをありがとうございました~!
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 夢見る妄想バジリスク, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。