上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サリフさんからゾゾ宛てにリターンして頂いた
「あいつがこいつにインタビュー!バトン」
ちまちま回答していたのですがやっと最後まで行き着きました…!
サリフさんの口調があやしくてすみません!
あと私が並べて動かすと ゾゾ…年相応なのか何なのか、ガキくさい…笑。

お付き合い頂ける方はつづきから!無駄に長いよ!



あいつがこいつにインタビュー!バトン

<このバトンは、創作キャラクターが別の創作キャラクターに質問をするバトンです。
 質問をするキャラクターの口調で下の質問を回答するキャラクターに投げかけ、
 回答するキャラクターの口調でその質問に回答して、インタビューを完成させて下さい>

○質問者【サリフ】
○回答者【ゾゾ】

・質問者さんの所に、以下の質問が書かれたメモが届きました。

------------------------
01.簡単なプロフィール
02.家族構成
03.趣味、特技
04.好きな人のタイプ
05.恋人の有無
06.平日にすること
07.お酒、タバコはやるか
08.座右の銘は
09.将来の夢
10.幸せに感じる事
11.今欲しい物
12.最後に何か一言
------------------------
質問は、追加しても削ってもOKです!

・質問者さんは、指定された回答者さんの所に行って、この内容でインタビューをして下さい。
 宜しくお願いします。


サリフ(S)
「さて、さっそく邪魔でもしましょうか」
ゾゾ(Z)
「おい待て、何する気だてめぇ」
S「もとい、お邪魔しま~す地下帝国!
 や、ほらこないだのバトンついリターンしちゃったから
 今度は俺がわざわざこっちまで出向いてきたってワケ♪」
Z「その割にはやけに楽しそーじゃねーか」
S「あ、わかる?
 やっぱ見知らぬ土地ってわくわくするでしょ~
 珍しいものも多いし、帰りに何か買って帰ろ」
Z「観光に来たのか質問しに来たのかどっちだよ!」
S「どっちって言うか…買い付け?」
Z「あきんどの鏡だなオイ」

01
S「まーまー、ちゃ~んとインタビューもこなしますって!任しとけ!」
Z「あ?マジでやんのか」
S「マジマジ!その為に来たんだってば!
 はい、まずは『簡単なプロフィール』 名前、年齢、誕生日、血液型どうぞ」
Z「タカミカグラ・ゾゾ。ねんれぇ…?そういや最近数えてねーな。誕生日、血液型も忘れた!」
S「Σちょっ、年齢くらいわかっとけ!」
Z「知らなくたって別に死にゃしねーだろ!」
S「あーっと、今ノディが出してるカンペに寄ると
 年齢は22歳、誕生日は5月5日、血液型は多分Aで身長は187cmだそーで。
 あとスリーサイズは上から… ってちょっと待てー!!あぶなっ!思わず読み上げる所だった!!」
Z「Σはぁ!?何でんなもんまでカンペ出てんだよ!?!?」
(ノディさんは光の速さでログアウトしました)

02
S「き、気を取り直して次!『家族構成』!」
Z「妹が一人」
S「簡潔なお答えで。ネネネちゃんだっけ?
 それにしてもぜんっぜん似てないのなw」
Z「う る せ え 。
 お前んとこが似すぎなんだよ!」
S「ははははは!いやーどーもどーも!」
Z「別に褒めちゃいねーよ」

03
S「『趣味・特技』 なんかあった?」
Z「酒!女!喧嘩!!」
S「言いたい事はわかるけど
 趣味にも特技にも当てはまってねえーー!!」
Z「こまけぇ事は気にすんな!」
S「いやまぁでも、喧嘩は特技に入るのか、な…?」

04
S「『好きな人のタイプ』 こりゃ聞かなくてもわかるわ!
 ロリコンでシスコンだもんな~?」
Z「ち ょ っ と 待 て 。
 この前からんな根も葉もねぇ事いいやがって
 どっから湧いて出たんだそりゃ!!」
S「自信を持って認めとけって!
 シスコンってのは…いいもんだ…(何故か遠い目ですがすがしい笑顔)」
Z「シスコンでもロリコんでもねぇっつってんだろこのドM変態ヤロー!
 つーか女は『イイ女』に限る!!」
S「なんつーアバウトな!いやその前にドMはいいけど変態じゃーないっての!!」

05
S「次の質問は~っと… あ、これも聞く必要ないやつだったわ」
Z「あんだよ」
S「だぁって~『恋人の有無』だもん」
Z「にやにやしてんじゃねーよ!ケッ、どーせ居ねえよ!
 そもそも誰か一人に絞るなんてしねぇよ足りるわけねえし」
S「一夫多妻を地で行く気か!!」

06
S「『平日にする事』…って言ってもお前いっつも休日だもんなあ」
Z「おーよ、羨ましいか」
S「うんにゃ。自分お仕事大好きですから。
 じゃーいっつも何してるのよ?あ、食う寝る以外で頼むね」
Z「それ以外っつーと…どっかぶらぶらしてんな。
 んでテキトーな奴らに喧嘩ふっかけて有り金巻き上g…」
S「ストップ!ストーップ!!
 なんなのその立ち悪ぃ暇人!警察呼ばれるっての!」
Z「サツぅ?んなもんこんなトコ来ねぇよ!
 来たって返り討ちだぜぇ!?ぎゃははははは!!」
S「あっちゃー 予想以上の治安の悪さだった。
 と言うか俺は今原因の一端を見た気がする」

07
S「『酒・タバコはやるか』
 酒は聞かんでもわかるけど、タバコはどーなんだっけ?」
Z「嫌いじゃねーけど自分からは別にぃ?腹も膨れねぇしなぁ」
S「そらそーだわな」

08
S「はい、次!『座右の銘』は?」
Z「んだそりゃ?」
S「この間説明しただろーに!!
 『いつも自分の座る場所のそばに書き記しておいて、戒めとする文句』だっての」
Z「あ? …あーアレか『象が踏んでも~』ってやつか」
S「そんな覚え方な訳ね…。で?何かある?」
Z「あるわけねーだろ!戒める気なんざさらっさらねぇからな!!」
S「何でそんな自慢げに!!」

09
S「えー、次は『将来の夢』」
Z「夢、ねえ…」
S「おぉ~?どうした若者、夢はでかく持った方がいいぞ!」
Z「なぁに人生の先輩ヅラしてんだよ!大して歳ちがわねぇだろっ!」
S「まぁまぁ、んじゃ身近な所で妹さんとの和解とか目標に掲げてみちゃどうよ」
Z「…。うっせえ!首突っ込むんじゃねぇよ!」
S「はーいはいはい」

10
S「『幸せに感じる事』」
Z「旨いもん食ってる時」
S「……ちょっ 人の幸福感ちっせえ呼ばわりしといて自分それ!?」
Z「わりぃかよ!!」

11
S「はい次~『今一番欲しいもの』」
Z「腹減ってきたなー! なんかくいてぇ!」
S「やっぱりそうきたか!
 酒も欲しいなぁここ酒場みたいだけど何かあるー?」
Z「今カマ野郎が留守してっからな。勝手にそこら辺からパクって…」
(どこからともなく飛来するアンテナ→ゾゾの頭部を見事貫通→バタリ)
S「い、今か今かと思っていたが、最終質問一個手前できたか!!
 ここんちの自宅警備員、こえぇ…」

12
S「えーっと、最後の質問!『何か一言』どうぞー!」
Z「酒と女をよこせーーーっっ!!!」
S「ちょっ!さっきまでアンテナ頭に刺さってた割にスゲー元気ね!!」
Z「あんなんで一々死んでらんねぇよっ!」
S「そらそーだ!w やっぱ相当鍛えられてるねえ…親近感湧くわ」
Z「そこで一緒にすんじゃねーよ!」


・このバトンを回す人を5人どうぞ。
 出来れば質問者、回答者を指定して下さい。コラボでもOK!むしろ推奨!
 (例:【うちの○○が○○さん宅の○○にインタビュー】)

S「ってわけでこれ、赤毛でリレーする事になってるからよろしくね~」
Z「あぁ?!俺一番最初にテメーんとこ行ったじゃねえかよまだやらせる気か!」
S「もっちろんですとも!赤毛祭面子の親睦を深めるためにも一肌どころじゃなく脱げ!!物理的に!!」
Z「んな状態で行って何の親睦深めろってんだよ!!!」
S「はははははは んじゃっ!後は任せたっ!!」
Z「待てコラァーーー!!!!!」


ノディ
「サリフさんとゾゾはログアウトしちゃいました。
 さてと、この残されたメモだけど…どうしようかな?
 えーっと、赤毛なキャラさん
 気が向いたらゾゾをインタビュアーとして呼び付けてやってくださいな。
 楼牙を呼ぶのもありだけどね。ゾゾよりかはまともな会話になりそうだけど?
 暇だったらよろしくおねがいしまーす」
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 夢見る妄想バジリスク, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。