上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっと前から貧血気味みたいです。
風呂からあがると本気で酸素足りなくなる・・・こんなの初めてだ・・・
月一の前だから体調悪いのかなーと思ってた程度だったけど、終わってからもだった。
なんだというのだ。とりあえずレバニラ炒めが食べたい。

それは置いといて
日記に新しいカテゴリを追加しました。その名も創作妄想!まんまだ!
とどのつまり痛々しいので要注意項目
オエビだとどうしても絵が欲しくなっちゃうしだらだら文章かくのもあれだなぁ
という事で、文章書きたいときはブログに吐き出します。

続きから人様の作品とパラレルコラボ妄想まとめ。絵付き。

v.gif

「風の絆」の緑風瑠璃さんのお宅のヴェルファパロディコラボに
ありがたくもやたら参加させて頂いちゃったうちのキャラ達の図!
全員ばらばらに描いたので大きさやらバラバラですがまとめてみました。

ヴェルファというのは瑠璃さんの作品に登場する
昔の日本的な文化の、獣に変身できる種族で、す(この言葉の足りなさ・・・)
同じ獣同士の純血は身分が高くて、逆に別々の獣を両親に持つ子は混血とされて差別されたり
獣化すると強くなれるけど完璧に獣化しちゃうと元に戻れなかったりします。
詳しくは瑠璃さんのお宅にて・・・!


という事を踏まえて頂いての妄想垂れ流しキャラ設定です(笑)
コラボってほんと楽しすぎて困ります・・・
ネタがまとまりすぎてRPGとか友情シュミレーションゲームとか漫画とか
一本作れてしまえるくらいのボリュームにいつのまにかなってました。
やたらと出来上がってしまっていた設定まとめ文章です。
キャラは参加順です(笑)


■飛沫(白鷺)
魔力が高く、昔から政事(まつりごと)を司ってきた白鷺の純血。
かなり高い身分なのだが、飛沫本人はそんな自覚がない。
子供のころは広い屋敷から殆ど出して貰ったことがなかった。
その反動からか、成長してからはヴェルファの里の掟や体制に疑問を持ち、
身分もわきまえず好き放題自分の正しいと思う意見を言ってしまう人に。
しまいには家宝である魔力の宿った帯を持って、家から飛び出してしまった。
ウツケ者のレッテルが貼られているが、一族の中でもかなりの術者。
家宝の帯も飛沫以外扱えなかったので好きにしろと思われているらしい。
混血や身分の低い一族とも何の偏見もなく付き合う事が出来る、純血にしては珍しい考えの持ち主。


■ルジャ(アルマジロ)
アルマジロの純血ではあるものの、外来種ということで差別対象。
元々は別のヴェルファの集落で暮らしていたが、そこが外敵に攻め滅ぼされ
はるばるこちらのヴェルファの里に難民としてやってきた。
家事一般が得意だったこともあり、白鷺家の使用人として雇ってもらえたラッキーな方。
しかし飛沫が家を出る時に、もともと交流があった為か無理やり一緒に連れてこられてしまった。
と、言うのも飛沫が全く家事ができないため。
今は里からは少し離れた湖の畔にある祠を住居にしている。
一応二人暮らしだが、飛沫は2,3日帰ってこないのはザラなので結構自由気ままに暮らしている。
ヴェルファの里における自分の境遇などには全く疑問を抱いていなかったが
飛沫や他の人との関わりの中でだんだん里の体制のおかしさに気付いて行く。
ちなみに、いまだに給料は白鷺家の方から支払われているらしい。


■凰斬(獅子)
由緒正しき獅子の純血。気高き女戦士。きっとナギナタとか使う。
獅子として生まれたことを誇りに思っている一方、
里の体制への疑問も抱いているが、家の事を思うと声高には言えずにいる。
弟が家督を継ぐ為、後々の後継者争いの懸念から
獅子とではなく別の種族と婚約させられてしまった。
それがあのウツケ者と名高い白鷺の飛沫。
どの程度の者かと会いに来て話をした所、その考えや姿勢を面白いと気に入り
「家同士が決めた婚約者などという薄っぺらい物ではなく、正式に我が友にしてやろう」という事になった。
ついでに飛沫は凰斬が会いに来るまで婚約話の事は全く知らなかった。


■ゾゾ(蜥蜴)
白蛇の純血であるにも拘らず、黒い蜥蜴として生まれたヴェルファ。
前々からこの一族の中では、ごく低確率でこういう禁忌の子が生まれることがあったらしい。
その理由は一族にかけられた呪いであるとかいろいろ言われているが実際はよく分かっていない。
普段から戦闘力の高い半獣化の状態で、鱗と尻尾がある。
一族以外の目に触れぬ様、ろくに光もささない倉の中でずっと育てられていた。
ある時ネネネが倉の中にいるゾゾを見つけ、兄とは知らずに外に出してしまう。
大騒ぎとなったがネネネの助けにより屋敷からは脱出。
しかし里にも近づけない為、今は人気のない森に潜んでいる。


■ネネネ(白蛇)
白蛇のヴェルファ。純血。
毒や穢れなどを浄化する癒しの力を持つ一族。
兄がいる事は一切教えられず育てられてきた。
倉からゾゾを出して騒ぎになった際に初めてその事実を知り、
自分の知らない所でそんな酷い事があったのかとショックと同時に家人に憤りを覚える。
ゾゾには「自分が早く気づいていれば」という負い目を感じていて、
出来ることなら兄と呼びたいと思っている。


■エルード(黒蛇)
黒蛇のヴェルファ。純血。
里の中でもかなりの高い地位を得ている男。きっと参謀とかそんなの。
自らの足場を確固たる物にする為、遠い昔二つに別れた蛇一族を自分の代で一つにしようと、白蛇一族のネネネと婚姻話を強引に進めている。
一方、裏ではヴェルファ同士の掛け合わせ(キメラ)による戦闘力の強化実験を行っており、
混血は元より、外来種やゾゾのような突然変異もサンプルとして欲しがっている。
近い将来キメラの軍団を作り上げ、里をはじめ外のヒュースト(人間)の世界をも手中に収めようと狙っている。


■ノディ(熊+鮫 キメラ)
キメラ研究の先駆者であるノディの父親(故人)の作品。
見た目に似合わない怪力と防御力を誇るキメラのサンプル。
突然変異のゾゾと素手で互角以上に戦えるほどの戦闘力を持つ。
陸上では素早さに欠けるが、鮫の特徴も併せ持っているため水中戦ではその弱点もフォローできる。
あと1ターンごとにHP一定量回復とかついてそうで厄介(RPG的妄想)
戦う事を『遊び』と捉えている、無邪気かつ残酷な子供。
エルードに吹き込まれて父親と里の人間を恨み、復讐の為彼の野望に手を貸している。
まだ試作品の為か痛覚が鈍かったり、戦闘中に突然動けなくなったりする。



はい!妄想でした!
すごい設定の人ばかりですね・・・作ってるときは冷静に考えられないもんだから・・・
本編とちょっと違う性格の人がいたりして面白いですね。
特にネネネとゾゾの関係はびっくりするくらい改善されてる(笑)
そしてノディは敵側にするとどこまでも残酷になれそうでおそろしいです。

スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 夢見る妄想バジリスク, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。