上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひよこ三郎さん宅から面白そうなバトンを拾って来ました!
どなたにも回してませんがすごい楽しかったので
是非皆様やってみてください。


新境地CPバトン
1~15までの数字に、キャラ名を適当に当てはめてください。

1.セージ
2.キーマ
3.ヨル
4.ノディ
5.ネネネ
6.ジャニス
7.ゾゾ
8.ギャレット
9.ヤマト
10.エルード
11.コーネリア
12.ヴィクトール
13.ヴィクトリア
14.ソルト
15.アニス


ガチで妄想するも良し。ギャグにいくのも良し
ここから先はあなたの想像力次第です
ただし下ネタ入ります

心の準備はできましたか?
ではどうぞ



・1・セージと9・ヤマトでツイスター
セージ「あはは、お兄さん体固いっすねぇ〜全然届いてないっすよぉ
 ちょっと右手切り落としたら丸に届きますかねぇ」
ヤマト「ひぃいいいい(逃)」

闇のゲームだ…


・2・キーマが12・ヴィクトールに手作り料理をご馳走
ヴィクトール「ふふ、まさか君の手料理が食べられるなんてね!
 決して高い素材を使っている訳ではないというのに
 全ての素材から見事に旨味が引き出されている…
 この繊細な味付けはさすが調香師と言う事か…まさに経験と技術の賜物だね!!
 ああしかし一つだけ注文をつけるとするなら盛りつけ方が少々甘いかな
 華やかな見た目も料理には大事な要素だからね
 食器も今度僕がよく使っている店の物を贈ろう
 もちろん君のイメージに合った一品を選ぶつもりだよ」
キーマ「…あー……光栄です」

権力にはしたがうキーマ氏


・3・ヨルが14・ソルトをカッコよく口説く
ヨル「イツデモオマエヲミテイルゾ」
ソルト「怪メールが届いた!!!!!」

ホラーですね


・4・ノディが10・エルードに自分がセクハラだと思うことをする
ノディ「エルードちゃーんすっごく肩こってるねー?(ミシミシミシ)
 ………ああーーーもう後ろから見ると黒髪ツヤツヤ気持ち悪い!!
 肩が薄くて気持ち悪い!!! 触っちゃったよ!!!」
エルード「ふん…貴様の実力はその程度かAC-XX」

よりにもよってこの二人


・5・ネネネと11・コーネリアでガチバトル
コーネリア「あらあら、貴女があの生意気なイドアの末裔の妹?
 まぁ嫌ですわ血は争えないのかしら下品で生意気な目つきがそっくり」
ネネネ「…もう一度言って見なさい」

ここのバトル面白そう


・6・ジャニスは15・アニスに花束をプレゼント
ジャニス「ふ…先ほど通りかかった少年が花屋の開店セールで配られたらしい花を押し付けてきたが
 闇に生きる俺にはこんなにもか弱くしかし美しく咲き誇る花など似合わないからお前が受け取ってくれ」
アニス「それはおにショタフラグですわね」
ジャニス「え?」

がんばって言い訳を考えてかっこ良く花を渡したのに
違う所に食いつかれた


・7・ゾゾと4・ノディで頑張って甘い空気を出してみる
ノディ「わーいお兄ちゃん大好き★」
ゾゾ「首を!!絞めんな!!!」

甘くない…


・8・ギャレットと13・ヴィクトリアで一緒に料理
ヴィクトリア「料理は不慣れなようだけど君の包丁さばきは大した物だね!
 君の美しい指が傷ついてしまわないか気が気ではなかったけれど安心したよ…」
ギャレット「ふん、この程度当たり前だ。
 いつだってお前の首をかっ切る事ができるくらいにはナイフの扱いだって慣れてる」
ヴィクトリア「ははは!それは頼もしい!」

今までの組み合せで一番CPっぽい会話だ


・9・ヤマトはパンク、7・ゾゾはロリータに着替えてみる
ヤマト「…」
ゾゾ「…」
ノディ「…逆なら、逆なら良かったのに!!!!!!」

ゴスロリならまだなんとかなりそうだけど甘ロリとか想像が追いつかない…


・10・エルードが1・セージを笑い泣き以外で泣かせる
エルード「サジタリアスが娘の結婚式の日取りを考えているそうだ」
セージ「…ゾディアックの皆さんに知れ渡ってんすかソレ…」

逃げられない


・11・コーネリアが3・ヨルにドリンクバー全部混ぜたやつを口移しで飲ませる
コーネリア「ちょっと!!なんでわたくしがこんな気色悪い色の液体を
 この瀕死のミイラに口移ししなきゃいけませんの!?!?」
ヨル「栄養あるかもよ」

絶対やってくれないだろうなコーネリア!!潔癖っぽいし…


・12・ヴィクトールと2・キーマでお互いに萌える格好をさせてみる
キーマ「男相手に萌えって…」
ヴィクトール「性別なんて美しさの前には些細な差異に過ぎないよ!」

しかし萌えとは全く関わりない位置にいる二人だな…


・13・ヴィクトリアと5・ネネネで恋人限定イベントに参加してみる
ヴィクトリア「君のような可愛いお嬢さんとご一緒できるだなんて光栄だよ」
ネネネ「…女?」

リアがしっかりエスコートします


・14・ソルトと8・ギャレットで二人羽織りで何か食べる
ギャレット「さっさと全部食え、皿ごと食え!」
ソルト「無理ですよ熱々おでんじゃないですか!
 あちっ!!そこ目です!!!」

密着してるのが嫌でしょうがないギャレット


・15・アニスと6・ジャニスでR18指定のつくCP小説(漫画可)のキャラを自分達に置き換えて音読
アニス「BL…ええと、男同士の営みの文献でよろしければ私物で大量にございますが
 私のチョイスでよろしいでしょうか」
ジャニス「なんで男同士…?」

ジャニスを受側にして彼の台詞だけ録音して持って帰りそうなアニス(今後の勉学の為)


いかがでしたでしょうか
新たな境地にときめきを感じましたか?爆笑しましたか?

最後に次に回したい人をどうぞ

面白かったのでやってみたいというかたは是非!


====

↓おまけ
余裕があれば妄想してみましょう
下ネタ率が上昇しています

・15・アニスは4・ノディの肌をどこでもいいから撫でてみる
アニス「成長期前の少年というのはやはり腰つきと膝が成人男性のそれとは全く異なり
 その差をあらゆる角度から鑑賞することがわたくしなりの愛で方ではあるのですが
 ご許可を頂けるのでしたら遠慮なくそのまだ柔らかい皮膚に指を滑らせ微かな凹凸を堪能したいと」
ノディ「うわーこのお姉さん怖い!なんかよくわかんないけど怖い!!」

アニスは強い子


・14・ソルトと5・ネネネは限界ギリギリのミニスカ(or短パン)をはいてみる
ソルト「ギャ、ギャグにしかならない…」(短パン)
ネネネ「いつもの服と何が違うの」(ミニスカ)

絵で描かないと何がなんだか


・13・ヴィクトリアが9・ヤマトの好きな場所に口紅使わない方のキスマークをつける
ヴィクトリア「僕はかまわないけれど、君の大事な人に怒られてしまうかな…?」
ヤマト「え、え!? そ、それはないと思うけど…」
ヴィクトリア「ふふ、見かけによらず火遊びがお好きなようだ」

その後ジャニスに「虫さされ大丈夫?」って聞かれる


・12・ヴィクトールは3・ヨルのマウントポジションをとってみる
ヴィクトール「はははすまないすまない、少々着地の目測を誤ってしまってね」
ヨル「(しーん)」

ヴィクトールは翼の結構重いからバッキリいっちゃいそう


・11・コーネリアは6・ジャニスを縛ってみる
コーネリア「生きの良さそうな肥料が来ましたわね」
ジャニス「!? 縄とかじゃなくてツタ…だと…」

普通にバトルっぽい


・10・エルードは12・ヴィクトールに「命令してください、ご主人様」と言わせてみる
ヴィクトール「君の願いならば何なりと!」
エルード「視界から失せろ。貴様が居るだけでチカチカする」

取りつく島無し


・9・ヤマトと10・エルードで本気でパイ投げ
エルード「やってみろ」
ヤマト「ごめんなさいごめんなさいごめんなさい」

エルードにパイ無げした絵描いたな…


・8・ギャレットと2・キーマを30分間掃除ロッカーの中に押しこんでみる
ギャレット「間違っても変な気を起こすなよ」
キーマ「男相手に起こすかよ…」

でもお互い「こいつ何かいい匂いするな」「女みたいなやつでまだよかった」と思っている


・7・ゾゾが14・ソルトに本の読み聞かせをしてあげたりしてみる
ゾゾ「誰が読むか!!!さっさと寝ろ!!!」
ソルト「寝ます!!!」

素直


・6・ジャニスが8・ギャレットをお姫さま抱っこ
ギャレット「あああああのジャニスこの状況は
 僕がとっさに身動きが取れないし密着する面積も多くて非常にまずいのだけど
 た、体重が軽い自覚はしているが一応人間というのは
 それなりの重量があるものだから重かったら無理しないで…」
ジャニス「…いいや、重さは全く。
 むしろ俺の背負う運命<定め>という名の黒き十字架の方が
 こうしていてもこの身に重くのしかかってくる…その事実を噛み締めていた所だ」
ギャレット「ああジャニス…その重荷を僕が少しでも背負う事ができたら!」
ノディ「なんであの調子で会話が普通に続くのか不思議だよ」

ジャニスとギャレットの会話は結構ぶっとんでる


・5・ネネネはどんな手段を使ってもいいから7・ゾゾを寝かしつける
ネネネ「永 眠 な さ い」
ゾゾ「良い度胸だぞテメェ…!!」

ねんねんころりよ!(物理)


・4・ノディは猫化(猫耳+尻尾+語尾ににゃがまじる)、1・セージはシャツ一枚になってみる
ノディ「ノディだにゃん★」
セージ「この格好なら返り血で汚れても洗濯楽っすねぇ」

これまた絵で描かないとなんとも


・3・ヨルが13・ヴィクトリアを色っぽく誘ってみる
ヨル「君のお兄さんの疑似人格プログラムを作ってあげようか
 君への恋愛感情も付加してあげる」
ヴィクトリア「断る!!!」

別の誘いであった


・2・キーマと15・アニスで一緒にお風呂
キーマ「流石に人妻とはちょっと」
アニス「夫に怒られますので…ふふ」
キーマ「うわっ背中に無言の威圧感が!!」

ショウも選択肢に入れたら良かったかな


・1・セージと11・コーネリアで…いけるとこまでやっちゃえ☆
セージ「じゃ、まずは邪魔なツタを一本ずつ全部切り落としてぇ〜
 花はどうしますぅ? こっちも1枚ずつぶっちぎりますかぁ?
 それとも背中の接合部からざっくりいっちゃいます??
 もちろんその後がお楽しみ本番っすよねぇ〜」
コーネリア「貴方のそのチンケな鎌でわたくしの花を刈れるとでもお思い?
 ちゃんっちゃら可笑しいですわ!」

やっぱりバトル。


お疲れ様でした!
素敵な妄想はできましたか?(笑)


------------------
エムブロ!バトン倉庫
http://mblg.tv/btn/view?id=30471
------------------
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 夢見る妄想バジリスク, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。