上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツイッターで出た
貴方はノディで『境界線の引き方』をお題にして140文字SSを書いてください。
というやつをなんとなく○○のお題っぽくやってみました。


『境界線の引き方』 5題



「あ、今のデータって」
身を乗り出すと同時にガシャンと派手な音が上がった。
椅子ごと倒れたヤマトと目が合う。
「ご、ごめん…あんまり人に近づかれるの慣れてなくって…」
「人に、じゃなくて 僕に慣れてないんでしょ」
過るのはこの革命軍のリーダー。
ヤマトは目を泳がせ、もう一度ごめんと謝った

=好きと嫌い=



大画面に映し出される鮮やかな内蔵と耳をつんざく悲鳴。
ジャニスがとっさにノディの目を両手で覆った。
「ゲームしてるの僕なんだけど?」「これリアル過ぎ!」
実際の死だって何度も遭遇してるのに、何を今更。
塞いだ指の向こうで首を振る気配。
「現実とゲームを一緒にしちゃいけません」

=虚構と現実=



「女の人には甘いの?」
イドアの民を背負い込むなんて、と言う割にネネネには優しいみたいだしと疑問を投げる。
「男にも女にも厳しいぞ、僕は」
そういえば僕も甘やかして貰ってる方かも。
「あー、じゃあ子供好きなの?」「馬鹿を言うな。ただのえこひいきだ」
そう胸を張って答えられても困る。

=大人と子供=



狭い相部屋にはパーテーションも無ければプライベートも無い。
ウンザリしてここから越えるなと示したラインに別に良いぜとあっさり返され、逆にノディが面食らった。
「この壁壊して隣と繋げりゃ俺のスペースの方が広い」
標識を構える彼に先ほど示したラインも忘れ必死に飛びついた。

=こちらとあちら=



貴方はいつもそうね。人であることを諦めた振りをする僕に彼女が目を細める。
痛みも感傷も機械の体ならするりと通り抜け、ほら何ともないと
失われた自分を嘆くのは笑いながらでもできるから。
そう思う事で、多少なりとも救われる気がするんだよ。
僕はね。

=君と僕=



上からヤマト、ジャニス、ギャレット、ゾゾ、ネネネと でした!
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 夢見る妄想バジリスク, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。