上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハピネス!イズ!カム!!
今週末TDRに行く予定なんですが人が凄そうだなあ…


先日シュガーラッシュを友人と見てきました!
ゲームパロ小ネタも面白かったんですが、
見知ったゲームが当たり前のようにそこにあるというあたりが凄くリアルでした。
ザンギエフ美味しかったな…
いくつかゲームの世界を渡り歩くんですが、そのうちの1つ
シュガーラッシュは日本製レースゲームという設定らしくって、
キャラクターやらコースのデザインがすっごく日本ぽくてなるほど、KAWAII…
特にキャラが!!あーいるわいるわこういう感じの!!という感覚。
たまらん…お菓子モチーフ…すっごいすき…
解像度の高い顔、は素晴らしい口説き文句だと思うので積極的に使っていきたいです。
フィリカルかわい。
ところで予告編で出てきた
ヴェネロペに対して「欠陥プログラムのくせに!」って罵倒はNGになってしまったのだろうか…
ずーっと「不具合」て表現しかされなくて ちょっと残念でした。
不具合じゃだめなんだよ〜欠陥プログラムとかバグとか、ときめくじゃないですか…単語が…
欠陥プログラム少女のデジタルな感じ超かわいかったです。

面白かった〜…んですがもっといろんな切り口がみたいなあと
残念に思えるくらい素敵な世界観でした。
あっ2やるんだっけ?


こう、キャラが役者として存在する前提がものすごく好きで
アニメキャラが俳優として映画会社と契約してる映画、ロジャーラビットがまた見たくなるのでした。
(こういう感覚あんまり日本っぽくないなーと思う)
向こうはアメコミも、大体の場合元から居るキャラを使っていろんな人が漫画を描くから
このキャラ=俳優感がしっくりくるのかもしれません。
あまりうまくまとまってない。
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 夢見る妄想バジリスク, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。