上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しかも嘘じゃない



玉響水琴さんが!なんと!!
エイプリルフールに合わせて
私のキャラがぬるぬる踊る動画を作って下さいました…!!!
ぎゃー!!!テトラー!!!立体的なのに平面的なテトラー!!!
ひいいいいいい気持ち悪い!!!(褒め言葉)
まさかのMMDに衝撃を受けました…うわああ 頭すごい どうなってるんだほんと…!笑
再現率半端無くてカメラワークとかいちいち笑ってしまいます。
実際に存在したらこんな感じなのか…!とちょっとぞっとしまわくわくしますね!
大爆笑しました!本当にありがとうございます…!!


続きから最近読んだ漫画の話
最近沢山翻訳されたアメコミが出てて
ちょっと何買えばいいか分からないくらいなんですが
先日お勧めいただいたこともあって2冊買ってきました。
漫画2冊買うのに5千円じゃ足りないんだから勇気居るよな…

1冊目は「フラッシュポイント:バットマン」
お勧めいただいたのはこれだったんですが、もう本当におもしろかった!
元ネタであるフラッシュの漫画はさわりしかしらなくて
過去の何かがちょっとずつ違って全然違う現在になってる別世界に迷い込む的なやつだったと思うんですが
(これを公式でやるのがすごいよな…)
そこに出てきたバットマンたちのスピンオフ的な…

あらすじ?だけネタバレすると
バットマンであるブルースは小さい頃両親が殺されたことがきっかけでバットマンになるけれど
逆にブルースが殺されて父親がバットマンになっている世界なんですよ…
ここからすでに凄い。主人公死んじゃっててバットマンていう概念だけ引き継がれてる。
ちょっとずつ違う役柄のキャラ達が出てくるたびに「そうきたかー!」「お前かー!」といちいち心臓に悪い。
最後に明かされるジョーカーの正体がまたなるほどー!!! って感じで
あまり読みながら先を予測しないタイプなのですごいびっくりしました…
見返してみたら扉ページですべて語ってるじゃん…
この話だけで結構お腹いっぱいなのに次は研究の為閉じこめられて育てられたスーパーマンの話で
さらに3本目は地球滅ぼすレベルの戦争しちゃってるアクアマンとワンダーウーマンの話なんだから
1エピソード終わるたびに休憩はさまないとパァンしそうになります。
ガリでひょろいスーパーマンまじ怖い…本当素晴らしい環境でそだったよなクラークは…
カンザスに宇宙船落ちて良かった(涙)
アクアマンとワンダーウーマンは…正直この二人の元の話をあまり詳しく知らないので
違いを堪能できなくて残念でしたが
政治がらみの話になるとちょっと私難しいんだぁ…国同士の争いはまるくおさまらんなあ…みたいな…


もう一冊はバットマン「梟の法廷」
予備知識なしで読んだので あれ、これはここで終わりなんですか…!?
と思ったら全3巻なんですね! しかもまだ翻訳されてない…うずっ…
線がとっても好みでした。ちょっとペンタッチが?硬いペン先っぽいテイストの。
お話も取っつきやすい感じ。サイドキック3人勢揃いしてるのなんか凄い新鮮なんですが…
途中錯乱気味になるバットマンの精神に合わせてコマ割りも見る方向が変わって
本をぐるぐる回して読むというのがおおって感じでした(でかい本だからしんどかった 笑)
終着点がまたショッキングで!実験的なコマ割りが効果的に使われてるな〜という印象…すごいこれ…。

バットマンに限らずアメコミっていろんな人が1つのヒーローについて色々描くから
大きな根っこ(バットマン、ゴッサム、そこに巣くう悪役達)は変わらずどう新しい風を呼び込むか、ってなると
新しい敵を出す、のが1つのセオリーだと思うんですが
この1冊目はまるまる1冊つかってその新しい敵が如何に強大で昔から存在してバットマン(ウェイン)たちと関わりがあるか、どんなタイプの驚異なのかを読者に丁寧に説明してくれたんだなーという印象でした。
これが全部、という訳ではきっと無いと思うのでどんどん明かされていくのかな?という気もしますが
あの人ら人間なのかなぁ…不気味すぎるなぁ…


感想メモおしまい!
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 夢見る妄想バジリスク, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。