上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AC-XXアンソロ第二弾楽屋裏!
自分用メモ的につらつらと書いてみました。

無駄に長いのですがお付き合いいただける方は続きから…





■自原稿内容について

ギャグを6ページ、真面目なのを6ページ描きました。
ギャグパートは自分でもビックリするほど「お前…」って感じのネタに片寄ってて
一部大丈夫かなあこれてのもあったんですが
少なくとも被りはしないだろうと(ネタを思いついても作者くらいしか描かないだろう的意味で)
キャラを私の脳内延長線上で壊しています。
主に変だったのはエルードとヤマト。
アンソロ全体を読み返してひしひし「違うベクトルで変な人になってる…!」と思いました。
しかし4コマって難しいですね…!
ネタをどう4コマに詰めようかな、というところはもちろんなんですが
この狭いコマの中でどうキャラや吹き出しを収めようかと言うのがかなり課題で…
私の絵柄的に殆ど経験したことのない「細かく描きすぎて印刷が小さすぎたーあいたたー」という事態になったりしました。

シリアスパート。
前回のキャラ一杯詰めダイジェスト雰囲気漫画から
2キャラしか出ないリア充爆発しろ雰囲気漫画へと変貌しました。
明るくはないけど鬱でもない内容になっている…はず。
ノディとネネネの間にある空気とか遠いような近いような距離感、
そこにある親近感?親和性?が描きたかったのでした。
ラブく見えるけど恋愛…ではないと思う。
所で他の方の漫画で記憶についての記述があってこっそりドキドキしたなど。
いつか優しい記憶に塗り変わってしまえばいい お互い。


□今だから話の箇条書き□

自分担当箇所
・表紙が思ったより印刷濃くなっちゃった…
・裏表紙の夢見がち具合、気に入ってます
・地味にキャラ紹介文、一部あまりどこにも言っていないこと書いています
・デザインのテーマはシンプル&スペーシーなパルスのシンパシー(適当)
・ざっくり組織図マジざっくりしすぎた

自分の原稿
・1P目から誤字が!!!OTL
・抱き枕と添い寝シーツで最後まで迷った
・ギャレットが買い占めたら資金集めにならん
・ノディさんTVに電池は入ってませんよ
・ワイハとキーマがまともに会話している…だと…
・コーネリアは真面目です
・ゾゾは無事逃げました
カニさんは来ません
・エルードをギャグで動かすと「誰にも突っ込めないボケキャラ」になる
・テッドとエルードのガチセンスをぶつけてみたかったがボツ
・キーマ「何だよあのセンス…! あんな外見でも30過ぎりゃみんなオッサンだな…」
 セージ「キーマさん僕が三十路なの忘れてるでしょ~^^」
・カーネル様は機械恐怖症を克服したようです
・吹っ飛ばされないって事はシートベルトがあるのか…?


・真面目漫画はひたすら恥ずかしさと戦いながらの作業でした
・前回のよりもずっと恥ずかしい!
・ノディの私服(パーカー?)もうちょっと良いの着せてあげて自分…
・状況の前後説明が全くありませんが
 軽くぶっ壊れたノディが担ぎ込まれた後の話です
・ノディの自室はゾゾと共用で、もしゾゾが帰ってきたら
 安静になんてできないだろうと、担ぎ込まれた先はネネネの部屋です
・だから物がない
・物がないのと背景がないのは別の話だ…汗
・何かを言いたい漫画ではなくただただ
 ノディとネネネの関係を描きたかっただけでした

・ひたすら低テンションだったのでせめて…とあとがきイラストを明るくしてみたり
・ヤマトとジャニスとゾゾはばらけさせるべきだった。黒い…



■もっーと! どうでもいい話

シリアス漫画、方向性を決めるまでが長かったです。
むしろそもそも描かないつもりだったので…(ギャグだけで行こうと思ってた)
ギャグを5P仕上げて、やっぱり寂しいから真面目なのも描こう!となって
前回と似たようなダイジェストを考えて…いたのですが
凄まじいページ数になりそうだったので
「これ最後のシーンだけで言いたいこと全部なんじゃ…」と
最後の会話だけ描くことに。

が、そうなるとキャラが二人だけしか出てこない状況になって
あかん!つまらん!! と、さじ投げ。
ちなみにノディとジャニスしか出てこない予定でした。
あと、ジャニスはギャグページの時点でものすごく描きづらいことが良くわかったので
(髪の毛とマントがペン入れほんとしづらい 禿げろと念じるほどに)
あえなくボツに。

読む人が面白いかはわからないけど、
少なくとも自分で描いていて楽しい物を描こう!をモットーに練り直し。
前々から脳内に存在していたノディとネネネの会話になりました。
(なんとこの時点で殆どの原稿が集まっていた)
(ノディとネネネがあんまりラブ方面に行ってなかった)
(じゃあ描こう!という選択)

結局描いてて楽しいっていうか、ひたすら恥ずかしさとの戦いではありましたが
締め切り的にそんなこと言ってられなかったので、ざくざくと描き上げました。
前アンソロに比べて線を太く、黒ベタ部分多く、テカツヤッとさせてみたりできたのが
個人的に進歩できた点かと思います(あくまで個人的好みですが)


自分で一番気に入っているのはシリアス漫画最後のページ、右上のコマ。
大きいコマでもないんですが。


長々とお読みいただき有り難う御座いました…!
スポンサーサイト

















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 夢見る妄想バジリスク, All rights reserved.



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。